エコガラス、防音ガラス、防犯ガラスなど、上野硝子工業はガラスや窓に関するあらゆるニーズにお応えいたします。

上野硝子工業株式会社 LASTEC UENOGLASS

会社案内

HOME»  会社案内»  経営理念・会社沿革

経営理念

・当社は人間にとって、かけがえのない「住空間」を創造し、人間的な温かみ、快適性、機能性、安全性のみならず、美しさをも兼ね備えた「環境適合商品」を社会へ提供することにある。

・当社社員は、どうすればお客様に満足いただけるかを常に前向きに考え行動し、節度ある態度と言葉づかいで、お客様の期待に適切に応えられるよう、あらゆる努力を惜しまない。

会社沿革

明治 16年   初代上野兵松が神田今川橋において上野硝子店の称号で板ガラス商を開業
明治 27年   海外より板ガラスの輸入を開始
明治 42年   旭硝子の販売特約店となる
大正 13年   (株)上野兵松商店に改称、法人組織となる
昭和 22年   上野兵松が関東甲信越板硝子卸商組合初代理事長に就任
昭和 33年   上野兵松が全国板硝子卸商連合会初代会長に就任
昭和 36年   西神田に本社社屋を建設移転
昭和 38年   住宅用アルミサッシの販売を開始
昭和 39年   上野硝子工業株式会社に社名を変更
昭和 49年   三菱重工ビル爆破事件で3昼夜延べ2000人を動員し復旧させる
昭和 50年   神奈川県大和市に東名営業所(後の神奈川支店)を開設
      社内安全災害防止協議会発足
昭和 58年   創業100周年記念式典を行う
平成 7年   大板ガラスの自動切断ラインを導入
平成 10年   本社を千代田区飯田橋に移転
大正末期2代目上野兵松とビルキントン上海支店長

大正末期2代目上野兵松と
ビルキントン上海支店長
 

昭和35年当時の社屋

昭和35年当時の社屋

大正時代の旭硝子宣伝チラシ

大正時代の旭硝子宣伝チラシ

創業75周年記念式典

創業75周年記念式典

昭和16年頃本社前での記念撮影

昭和16年頃本社前での
記念撮影

創業100周年記念式典

創業100周年記念式典

丸の内ビル街爆破事件復旧工事の感謝状

丸の内ビル爆破事件
復旧工事の感謝状

中央林間CRビル

中央林間CRビル

弊社施工事例
インナーウィンド窓窓
ペヤプラス 断熱・遮熱・結露防止・省エネ
エコガラス